Artist Statement

My works are a type of representational art which mixes comic art, illustration, fine art and poster art. My art materials are watercolors and ballpoint pen, and traditional Japanese art materials such as rock paints, gold leaf and other materials. I vary my work – using watercolors and pens for illustrative pieces, and traditional Japanese art materials for works that focus on depth and weight. What is common to both painting materials is that the solvent is water. The reason I like to use these art supplies is because I am drawn to parts that are completely out of my control – accidental water blots on the paintings sometimes create splendid and beautiful patterns.

My works are mainly composed of two motifs: ‘living beings’ and  ‘place’ – i.e. the environment that surrounds them. ‘Living beings can be humans, animals, insects, or literally any creature on earth. ‘Place’ is, for example, forest, sea, stairs, road, desert or anywhere imaginable. At first I decide on which of the two motifs that I want to draw, and then I integrate the other one to fit. This is my technique to create art. When I compose works, I follow two rules. The first is to draw a picture that gives the observer the opportunity for a different perspective. The second is to draw a peaceful world where all the creatures are in harmony.

Usually we as human beings tend to have a fixed way of thinking about how things should be, or we simply accept that that’s just the way it is. If something deviates from the norm, we consider it wrong or turn a blind eye to it. Since we see things from only one perspective, our vision and judgement is narrow. On the other hand, there is freedom when doing creative things such as art. Here, everything is accepted – even if for example a hippo is flying in the sky. There’s no wrong or right.

I think my works express an imaginary place that is still related to our world; it’s not as unbelievable as a typical fantasy story. All individual motifs in my works could actually exist in the real world but, in combination with other themes, help to create a new world. My practice attempts to express, through metaphor, that the world we live in can be more interesting if we just change our perspective a little. It doesn’t need a big change. So I want to deliver the positive message through my works that, if you take a different perspective, you can change how you think about how things should be.          

I became interested in animal welfare through growing up in an environment with many animals around, and by studying biology at university. The most interesting theme during my studies were how animals and people could live in harmony and coexist in society. Since I started learning painting, I have drawn many paintings where animals and humans are interacting with each other in a positive way. In other words, I have been drawing things that show the ideal world in my eyes. I draw a picture that looks like a scene in a story – in truth, the details of this story are vague even to myself, instead I want to entrust it to observer to think about what is happening in this scene. I would be happy if observers enjoyed being given this spark to think about things in their own way based on my work. Therefore, my purpose and motivation for drawing is to make observers happy through my paintings. I hope that having a positive worldview, shown through my art, will help people to have a diverse perspective and to respect all living things more deeply.

私の作品はコミックアートとイラストレーション、ポスターアートの混在した具象アートである。使用している画材は2種類あり、一つは水彩絵の具とボールペン、もう一つは日本画材という日本の伝統的な画材である。細やかな線の美と、絵の具のにじみの美を表現したい時は水彩とペンを使い、絵に深みと重みを出したい時は多様な表現が可能な日本画材を使用している。どちらの画材にも共通するのが溶媒が水であるという点である。水によって画面上に生じるしみは偶然の産物であり、時に素晴らしく美しい模様が生まれる事がある。私がこれらの画材を好んで使う理由は、完全にコントロールが出来ない部分に魅力を感じているからである。

私の絵は主に二つの構成要素で成り立っている。それは「場所」と「そこに登場する何らかの生き物」である。「場所」とは例えば森、海、階段、道路、砂漠等いうなれば全てである。「登場する生き物」も文字通り、人間や動物、虫等全てである。その時最も描きたいと思ったモチーフを起点に、そのモチーフに合う場所や生き物を構成していくという手法である。そして絵を構成する時には2つのルールを守っている。一つは観察者に異なる視点を与える絵を描く、2つめは全ての生き物が調和した平和な世界を描くことである。

多くの場合、我々人間は「物事はこうあるべき」といった固定概念を持ったり、常識を受け入れて疑わない傾向がある。標準から逸脱したものに対しては間違っているとみなしたり、又は見ない振りをする。一つの視点からのみ物事を見ると、視野や判断力が狭くなる。それに対して、アートのような創造の世界は自由であり、例えばカバが空を飛んでいようが何だろうが全てが受け入れられる。そこには是非の判断は必要ない。その点では、私の作品は想像の世界ではあるが極端な非現実ではない。いわゆるファンタジーのように幻想的では無く、まだ現実的であるといえる。私の作品の中の個々のモチーフは全て現実に存在し、その組み合わせ方次第で新しい世界を創造することが可能となる。見方を少し変えるだけで我々の世界はこれ程にも面白くなる、という事を暗喩的に表現しようと試みている。従って、こうあるべきというような固定概念や常識を変えるには少しだけ違う視点を持てばいいという事を、作品を通して出来るだけポジティブな方法で伝えたいと考えている。

私は、子供の頃から周りに動物が多くいる環境で育った影響で動物福祉に興味を持ち、大学で生物学を学んだ。動物と人がこの世界でいかに調和し、共存していくかが最も興味深いテーマであった。絵を習い始めてからも、動物と人間が寄り添う絵を多く描いてきた。つまり、私は私にとっての理想の世界を絵の中に描き続けてきた。ただ、私は物語の一場面のような絵を描くけれど、私自身はその物語の詳細を漠然としか作っておらず、どんな場面が描かれているのかを考える役目は観察者に委ねたい。そして観察者側が、考える事を楽しんで頂けたらとても嬉しく思う。それが私の絵を描く目的であり動機でもある。私の絵が伝えようとしているポジティブな世界観が、多様な視点を持つ事に繋がったり、全ての生き物への尊重へと波及していくことが私の願いである。

Follow me